人気の不動産を活用してよりよい毎日を実現するようにしてみよう

不動産売買の際に知っておきたいこと

傾向を見る

公共用地としての不動産評価の傾向

道路の建設などの公共事業に不動産を譲渡する場合には、資産の評価が適正かどうか注意しなければなりません。自己資産の売却を目的として、不動産を譲渡する場合には、売り手と買い手の合意があれば、資産の評価が適正かどうかは二の次になりますが、公共事業においては、適正な評価を行ったうえで、適正な対価が支払われることが重要です。ただ、このことは、売主が納得できる価格かどうかとは別問題です。納得いかない価格であっても、公共事業による買収を受ける場合には、適正な評価が基本となります。ただ、資産の評価としては、不動産鑑定士や専門の調査会社がそれぞれの物件ごとに行いますので、一般の民間の売買における評価よりも適切な評価といえます。

公共事業における資産評価の仕組み

公共事業で土地や建物が買収される場合には、適正な資産評価がなされます。個人の財産を公共のために用いるわけですから当然です。この場合の評価は、純粋に資産の価値ですから、例えば、その土地に思い入れがあるからといって高くなるわけではありません。思い出のある住居であっても、評価額に築年数による補正率を乗じて、適正に算出されます。そのため、公共事業のための土地や建物の買収には、かつて不透明な部分がありました。「ごね得」という言葉がささやかれていたように、交渉に応じなければ、しだいに金額がつり上げられるといった噂もありました。しかし、近年では、資産評価の透明性が重要視されています。不動産は個人の大切な資産ですから、その買収にあたっては、純粋に資産としての評価が行われます。

上手に売却するために

不動産売却を行う場合には、様々なポイントが存在しています。ですから、上手に不動産売却を行うためのポイントを適切に把握して売却する事がとても重要になっているのです。

上手に借りよう

賃貸物件を借りる場合において、重要になるのは、予算です。単純に月収と家賃だけで見るのではなく、それ以外の部分についてもきちんと見て行く必要があるといっても過言ではありません。

土地で変わる賃貸選び

いい賃貸物件を探すには土地の価格を考慮する必要もあります。快適な物件を探すには良い土地を選択する必要がある場合もあり、その価格は地域によって大きく変わってきます。時には価格を上げるのも大切と言えます。

安全性の高いセキュリティ

セキュリティはハワイなど海外へ行った際とても気になる人も多くいるでしょう。コンドミニアムのセキュリティは非常にレベルが高く安全性が高いものとして有名です。また、導入している施設も少なくありません。